【2024年版】建設業の外国人労働者数推移まとめ…8年前比3.5倍に

職人採用のコツ

建設業の外国人労働者はどれくらい?

日本国内の外国人労働者の数は年々増加しています。

建設業も例外ではなく外国人労働者は増えており、外国人の建設業従事者とともに仕事をする機会も増えたのではないでしょうか。

この記事では、建設業界で外国人労働者の数がどのように推移しているのか、グラフを元に解説していきます。

図で見る建設業の外国人労働者数推移

データ出典:厚生労働省 「外国人雇用状況」の届出状況まとめ

最新データである2023年10月時点で、建設業の外国人労働者は14万4,981人となりました。8年前である2016年と比較すると、外国人労働者の数は3.5倍にも増加しています

また、2022年から2023年にかけては増加幅も大きく、直近1年間で外国人労働者は2.8万人ほど増えています。

建設業に従事する外国人労働者の構成比率も増加している

20162017201820192020202120222023
建設業-外国人労働者数41,10455,16868,60493,214110,898110,018116,789144,981
全産業計-外国人労働者数1,083,7691,278,6701,460,4631,658,8041,724,3281,727,2211,822,7252,048,675
建設業構成比3.8%4.3%4.7%5.6%6.4%6.4%6.4%7.1%
データ出典:厚生労働省「外国人雇用状況」の届出状況まとめ

建設業の外国人労働者は、単純に人数が増えているだけではなく、構成比(国内の外国人労働者の総数のうち、建設業に従事する外国人労働者の割合)も増加しています

上の表を見るとわかる通り、国内全産業における外国人労働者の数は毎年増加していますが、建設業の構成比率も増加しているため、特に建設業界に外国人労働者の流入が増えているということになります。

国籍ごとの外国人労働者数

【外国人労働者数が多い国‐上位5か国】

1位2位3位4位5位
建設業ベトナム
62,026人
インドネシア
23,549人
フィリピン
16,215人
中国*
13,204人
その他
12,599人
全産業計ベトナム
518,364人
中国*
397,918人
フィリピン
226,846人
ネパール
145,587人
ブラジル
137,132人

建設業の外国人労働者の中で最も多いのはベトナム国籍です。2位以降もインドネシア、フィリピン、中国と、アジア系の国籍が集中しています。全産業計ではランクインしている、ネパールやブラジル国籍については、建設業界では少ないことも特徴です。

*香港、マカオを含む

建設業界で外国人労働者が増加している理由は?

建設業界で外国人労働者が増えている理由は大きく分けて3つあります。

① 日本国内の少子高齢化による外国人労働者需要の高まり

② 東京オリンピックの開催などで、建設業という仕事の需要が増加したこと

③ ②で挙げられた建設業の需要増加に対応するため、技能実習修了者を対象とした「外国人建設就労者受入事業」が開始されたこと(2023年3月をもって終了済み)

日本人前提の採用では会社が存続できなくなる恐れも

日本国内の少子高齢化が解消されない限り、外国人労働者は今後も増え続けるでしょう。

また、建設業界は職人の高齢化も問題視されており、今働いている多くの職人が10年後、20年後に業界から消えてしまいます。

日本人を前提にした採用活動や、日本人のみが働く前提の会社作りをしている企業は、今後まずます人材の獲得が厳しくなります

外国人の雇用を視野に入れた会社作りをしていくことが、会社存続のカギとなります。

参考資料

厚生労働省:外国人雇用状況の届出状況について(報道発表)

◆ 関連記事をチェック!

コメント