社労士にきく

会社づくり

【社労士監修】職人を雇用後、見込んだ能力が無かったら減給できる?能力を適切に評価する方法は

職人を採用する際、面接のみで能力を測るのは難しいことです。社員を雇用した後、給料を下げることはできるのか?また、能力に見合った給料を決定するにはどうしたらいいかを解説していきます。
会社づくり

【社労士監修】従業員の手当減額は難しい?関連法律を解説!

会社の業績が振るわず、支出を見直す際、従業員の手当の減額を検討することがあるかもしれませんが、従業員の手当の減額は原則的にできません。なぜ手当の減額ができないのか、法的な見解をかみ砕いて解説していきます。
会社づくり

【社労士監修】職務給制度とは?建設業の事例を交えて解説!

岸田政権の政策である「新しい資本主義」の対策として、職務給を導入した企業に助成を行う話が浮上しています。職務給とはどのような働き方か、建設業でのメリットとデメリットの解説、また職務給を導入するにあたって必要な手続きを解説します。
会社づくり

【社労士監修】定年制と再雇用のルールまとめ~高齢人材の活用事例も紹介!~

建設業界は職人の高齢化が深刻であり、定年間近の人材の活用も労働力確保の手段です。定年制と再雇用の基本的なルール解説から、会社の定年制度を変更するために必要な作業の解説、また建設業で活用できる高齢者雇用の事例も紹介します。
会社づくり

【社労士監修】建設業者のメンタルヘルス対策と不調時の対応法

社員がメンタル不調になったら けがや事故と同じように気を付けたい、建設業従事者のメンタルヘルス問題。業務による心理的負荷が原因で、社員がうつ病や急性ストレス反応などの精神障害を発病すると、労災として扱われることもあります。 精...
会社づくり

【社労士監修】建設業の残業時間上限規制撤廃2024年から…改正内容をチェック!

残業時間の上限規制が変わる!? 労働基準法の改正により、2024年から建設業の残業時間に上限が設けられます。他の業種等では2019年4月からすでに上限が設けられていますが、建設業ほか一部の業種や業務では猶予が設けられていました。その...
会社づくり

【社労士監修】男性版育休が制定!?2022年の法改正を解説!

「男性の育児休暇」の取得率が増えているって本当? 「男性の育児休暇」という言葉を耳にする機会が増えてきました。 政府は、男性の育児休暇の取得率を増やすため、2021年に育児・介護休業法を改正しましたが、2022年4月から改正後...
会社づくり

【社労士監修】1か月単位の変形労働時間制の仕組みは?導入すべき会社も解説!

労働時間は一定でなくてもいい 一般的に、会社では一定の就業時間が決まっています。例えば8時~17時、9時~18時などの8時間勤務は多くの会社が採用している就業時間です。 「1か月単位の変形労働時間制」では、週単位・月単位等で勤...
会社づくり

【社労士監修】整理解雇とは?解雇の4要件についてわかりやすく解説!

整理解雇とは 会社の経営状況が悪くなり、現状では立ちいかないと感じたとき、社員の解雇を検討する必要も出てくるでしょう。 企業が経営の悪化などを理由に人員削減を行うことを「整理解雇」と言います。 解雇を行うには、客観的に合...
タイトルとURLをコピーしました