「ブラック企業の求人」と勘違いされる特徴6選と対策

「ブラック企業の求人」と勘違いされる特徴6選と対策

ブラック企業に対する警戒心

「ブラック企業」とは、法令に反する働き方の強制やハラスメントの横行など、雇用者にとって働く環境が悪く、離職が起こりやすい企業のこと。今ではすっかり定着した言葉です。

「ブラック企業を避けたい」という意識はほとんどの求職者が持っており、インターネットで検索すると「ブラック企業 特徴」という検索ワードが上位に表示されることが分かります。

求職者は求人や面接でブラック企業であるかどうかを判断しますが、実際は労働環境が整っていても、説明不足により「この会社はブラック企業かもしれない」と誤解を招いてしまうことがあります。

この記事では、ブラック企業だと誤解されてしまいがちな求人の書き方や求職者への対応をご紹介します。求職者の判断ポイントを知り、誤解を生む表現を控えることで採用を成功させましょう。

(求人編)ブラック企業と勘違いされる会社の特徴

求人の書き方編と面接・メールなどの求職者との個別のやり取り編に分け、ブラック企業と誤解されがちな企業の特徴をご紹介していきます。まずは求人の特徴から知りましょう。

残業代に関する表記がない

「残業代の未払い」はブラック企業の特徴の代表格。多くの求職者が求人に残業代についての記載があるかチェックしています。残業代を全額支払っている場合、「残業代全額支給」の表記を付け加えておくことで、求職者にとって企業の評価が大きく変わります。

残業代は毎月支給額が変わるため表記に悩む方もいるかと思いますが、「全額支給」「固定残業手当10時間分は給与に含む。超過分は全額支給」など、会社の実情は必ず記載するようにしましょう。

◆ 残業代に関する関連記事

休日に関する詳細の記載がない

休みが少ない=ブラック企業と判断する求職者も非常に多いです。企業側として気を付けたいことは、休日が少なく見えてしまう求人の書き方に注意することです。

具体的には、毎週の休み以外にどのような休みがあるのかをきちんと求人に記載することによって、休みが少ないと誤解されるのを防ぐことができます。土日が休みかつ夏季休暇や年末年始休暇がある場合、「週休2日」と書くだけでなく夏季・年末年始にお休みがあるという情報もきちんと伝えましょう。ほかにもバースデー休暇など独自の休暇制度を設けている場合は、すべて記載しましょう。

教育制度についての記載がない

特に建設業未経験者にとって、建設業への転職で不安なこととしてよく上がるのが「パワハラ」や「見て覚えろ」という職人気質の風潮。教育制度についてあらかじめ知ることができないと「ブラック企業かもしれない」という疑問が解消できません。

そのため、未経験者をどのように育てていくのかを求人で説明しておくことは非常に大切です。

例えば、「先輩が一対一で教えます」「数日の座学研修の後、現場に出て少しずつ覚えていきます」など、入社直後の働き方を示しておくことで安心できそうな会社だと思ってもえます。

求人に工夫をしても閲覧が増えない・応募が来ない場合はプロが原稿を作成する電気設備業界専門の求人サイトの利用もおすすめです。

(個別のやり取り編)ブラック企業と勘違いされる会社の特徴

ここからは、面接・メールなどの求職者との個別のやり取り編。細部に気を配り、ブラック企業と誤解されるのを避けましょう。

面接やメールでの言葉遣いが乱暴

まず、面接・メールなど求職者とのやり取りでは「丁寧語」を徹底しましょう。初対面の求職者に普段同僚や友達に話すように対応してしまうと、少々乱暴な印象になり、「パワハラがあるのではないか」などマイナスの印象を与えてしまいかねません。

また、電話で話す場合声のトーンにも注意です。特に忙しいときに電話がかかってくると声のトーンが荒くなったり、早口になってしまいがちです。面接を担当される方であれば、一度、自分の会話を録音して第三者に率直な意見を聞いてみることもオススメです。

面接時に視線が合わない・笑顔がない

面接の際、履歴書を読み込みすぎて目線を合わせなかったり、話を真剣に聞くあまり真顔になってしまうと、怖い人のいる会社=ブラック企業かもしれないと結び付けられてしまう可能性があります。

特に建設業未経験者の場合は建設業の面接自体緊張していることが多いため、優しい印象づくりを心がけましょう。

近くの社員の話し声が乱暴

面接の際、隣の部屋や外などで話す社員の話し声が面接室まで聞こえてくることがあります。その際、怒っている声や、社員に「さん」を付けず呼び捨てで呼ぶ声など、社内の事情を知らない人にとっては乱暴に聞こえてしまう会話があると、「働く環境が悪いかもしれない」と誤解を招きかねません。

注意をすることは業務上必要ですし、社員の呼び方がフランクなのも良い関係性によるものかもしれませんが、初対面の人にそれはわかりません。面接の前には「隣の部屋で面接をするから静かに」と一声かけておくと良いでしょう。

求職者には最大限の気遣いを

転職を考えている人の気持ちはとてもナイーブです。「そんな細かいこと気にしてられないよ!」と考えてしまうと、気遣いのできる会社に人材獲得競争で勝つことができません。

求職者の立場に立って、不安になりそうなことを先回りして解決する気持ちが誤解を防ぎます。ブラック企業と思われないために求人や面接で自社をアピールする際は気を付けましょう。

◆ 関連記事をチェック!

いいね! (役に立った、いいなと思ったら押していただくと励みになります!)
読み込み中...

職人採用のコツカテゴリの最新記事