電気工事ってこんなに大変なの!?新人職人が語る7つの苦労話

電気工事ってこんなに大変なの!?新人職人が語る7つの苦労話

新人は驚きの連続

電気工事の仕事を始めた当時「こんなことが大変だった」「こんなことに驚いた」という思い出はありますか?

今回は、今まさに仕事を始めたばかりの新人職人さんたちが「電気工事って大変!」と思った体験談を集めてきました。

電工魂の読者様は比較的ベテラン電気工事士さんが多いかと思いますが、そんな方も今日だけは新人の時の気持ちに戻って読んで頂ければと思います!

若手たちの体験談

さっそく、若手たちのリアルな声を紹介していきます!

穴を掘るの!?

僕はパソコンなどの機械いじりが好きで、なんとなく好きなことに近いかな?と思って電気工事の道を選びました。当時は電気工事の仕事って、ドライバーとかを使ってエアコンや照明をいじるのだけを想像してたんですよね。そしたら初めて行った現場で「●●くん、ちょっとそこスコップで掘っといて!」って言われたんですよ。そこは平屋の老人ホームで、空調の線が地中に埋まってたんですよね。それが10台くらいあったから全部穴掘りが必要で。先輩と一緒にやったんですけど、あんまり力が無いので「大変だなあ~!」って思いながら掘りました。電気をあつかう以外にもいろんな作業がありますよね。入社するまでは知らなかったのでビックリでした。(千葉県・10代)

絶対に渋滞する道

学校の勧めで電気工事会社に就職したら、自分以外全員おじさんだったんですよ(笑)今は19歳なんですけど、他の先輩は若くても40歳とかで…。で、素人の自分が役に立つことって作業車の運転くらいなんですよね。高3の冬休みに取ったばっかりの免許で先輩を乗せて現場に行ってるんですけど、やっぱ朝は眠いんですよ。しかも国道で朝かならず渋滞するところがあるので、とくにその道が眠気との闘いですね。先輩はイビキかいて寝てるし…。早く偉くなりて~って思いながら運転してます。(東京都・10代)

資格の勉強が大変

もともと勉強ができなくて、体を動かすのは好きだし就職は建設業にしようと思ってて、なぜか電気工事を選びました。特に理由はなくて「大工は先輩が怖そうだし…」くらいの考えだったんですけど、電気工事士って覚えることいっぱいありますね!!こんな勉強するなんて聞いてないよ!って思ってます(笑)ウチの会社は高圧がほとんどだから「2種の資格をとらなきゃ使い物になんない」って言われて勉強したんですけど、自分、掛け算も怪しいくらいの頭なので今年は筆記落ちちゃって…。会社にお金出してもらってるんでプレッシャーもすごいんですよ。2度目はないぞって圧を感じますね(笑)でも先輩優しいし、早く役に立ちたいんで頑張ります!!(東京都・20代)

ルールが多い(安全編)

守らなくちゃいけないルールが多いのが大変だなって思います。今は工場の工事をやってて、僕は手伝いをしてるんですが、例えば暑くてもヘルメットをかぶるとか、ちょっと脚立をつかうにも誰かにおさえてもらわないといけないから人を呼びに行ったりとか…。研修で安全に対する心構えは教えてもらってて、事故の話とかも聞いてるんで大切なことだっていうのはもちろんわかってます。でも、電気工事をやる前はこんなにルールが多いなんて知らなかったので、大変だなと感じます。(神奈川県・30代)

ルールが多い(お客さん編)

お客さんが入っている建物は自由に入れない場所があって大変だなって感じてます。例えば老人ホームはずっと入居者の人がいるから、厨房は14時から16時の2時間以外は工事できないんですよね。お風呂場も午前で終わらせないといけないし、夕方以降は入居者さんのお部屋に入れないって決まってます。今は先輩の指示通りに動いているからいいですけど、上に立つようになったら工事の段取りも考えないといけないじゃないですか。結構頭を使う仕事だなって実感してます。(千葉県・10代)

夏場の汗

新人じゃなくてもみんな言うと思うんですけど、夏の暑さの中働くのが一番大変だと感じました。僕の会社は家電屋さんから仕事を請け負っているので夏場は基本エアコン修理で稼いでいるんですけど、エアコンの動いていない部屋に行くと暑いじゃないですか。まあそこは気合いで乗り切るしかないですけど、地味に気をつかうのが「人さまの部屋に汗をたらすわけにいかない」っていうところです。僕は結構汗っかきなので…。汗をかいてきて手が離せない時めちゃくちゃ焦ります。お客さんが見てるときは緊張感がすごい(笑)空調服流行ってるんですよね。導入して欲しいですね~。(東京都・20代)

天気には逆らえない

休みが不規則なのが一番大変だなって思ってます。入社して1週間も経ってないころ、夕立が降ってきて「今日はあがるぞ」って先輩が言って、それが週に2回もあって「ラッキー!最高の仕事だ!」って思ってたら、「○○くん、工期に遅れが出てるから土曜も出てね」って言われて…僕、その時の土曜は高校の友達とカラオケに行く予定だったんですよね。めっちゃショックだったので今でもその現場のことはわすれられません(笑)現場が終わったあとに行ったらもう夕方で、「おまえだけアフター6かよ」って友達にイジられました(笑)(東京都・20代)

大変なことを乗り越えて、みんな一人前になる

新人電気工事士さんの、新人ならではの大変だと感じたエピソードをお伝えしました。

ちなみに編集部が昔、電気工事の現場に立ち会っていたときに「電気工事士さんって大変だ…」と感じたのは、空調の室外機付近に巨大なハチの巣ができていてハチの巣の撤去が終わるまで作業が始められずにいたことです。

新人さんたちの声でも挙がりましたが、気候や現場の環境、工期などさまざまな要因で思うように工事が進まなくなると大変だと感じる方が多いかもしれません。

慣れるまでの間は、ぜひいろんなことに驚く新人さんへのフォローを行ってあげてください。

◆ 関連記事をチェック!

いいね! (役に立った、いいなと思ったら押していただくと励みになります!)
読み込み中...

会社づくりカテゴリの最新記事