電気設備のある美しい風景(電柱・電線編)

電気設備のある美しい風景(電柱・電線編)

電柱のある風景

電気工事士の方が日々触れる、電気設備。

少し引いて見てみると、周辺の風景と調和し、とても美しい景色となっていることがあります。

この記事では、そんな「風景」としての電気設備の美しさをお伝えしていきます。

今回のテーマは「電柱・電線」。日常に調和した電柱・電線の美しさをぜひご覧ください。

 

千葉県木更津市 江川海岸

 

電柱がつらなる日本の景色

どこまでも道が続いていくように、電柱と、そこにかかる電線もどこまでも続いていく…。

わたしたちの記憶には、そんな風景が刻まれています。

 

沖縄県宮古島市 伊良部島

電柱は日本のインフラとして、全国どこに行っても見ることができます。

電力供給の重要な役割を担う電柱ですが、時に景色をさえぎり、「景観に悪い」と言われることもあります。

しかしながら、電柱と風景の組み合わせにこそ魅力を感じ、電柱に焦点を当てた写真を撮影する人も多くいます。

#電線と空 #電柱のある風景 が若者から支持

写真をインターネット上に投稿するSNS、インスタグラムでは、電柱・電線をテーマに撮影した写真が多く投稿されています。

写真には「#電線と空」「#電柱のある風景」など電柱関連の投稿を同士で共有するための検索用タグがつけられ、多くの愛好家たちによってその美しさが共有されています。

この投稿をInstagramで見る

田園と電柱 … #電気工事 #電気工事士 #電気屋 #電柱 #電柱写真クラブ #電柱と空 #電柱のある風景 #👷 #電工魂

電工魂 編集部(@denkou_spirit)がシェアした投稿 –

田園風景と人工物が調和する姿はまさに日本の風景と言えるでしょう。

この投稿をInstagramで見る

海中電柱 沖合の小屋への送電用に建てられた電柱です … #電気工事 #電気工事士 #電気屋 #電柱 #電柱写真クラブ #電柱と空 #電柱のある風景 #海中電柱 #👷 #電工魂

電工魂 編集部(@denkou_spirit)がシェアした投稿 –

こちらはトップでもご紹介した、千葉県木更津市にある江川海岸の海中電柱。

海に立つ電柱は沖合にある小屋への送電用に建てられたもので、海面に電柱・電線が反射する風景が美しく写真撮影スポットとして親しまれています。

※ 江川海岸の海中電柱は2019年11月に惜しくも撤去されてしまいましたが、千葉県内では他に牛込海岸などで海中電柱を見ることができます。

進む無電柱化…日本はどうなる

当たり前のような電柱のある風景は、実は海外では事情が異なります。

国外の主要都市では「無電柱化」の動きが進み、ロンドンやパリなどの都市では100%無電柱化がすすんでいるのです。

◆ 諸外国の都市と日本の無電柱化の現状

出典:国土交通省 海外の無電柱化事業について

 

無電柱化すると、電柱は地中に埋まります。

無電柱化のメリットとしては景観の向上や災害による電柱・電線の破損が起こらないことなどが挙げられています。

日本では、昭和61年に国交省により策定された「電線類地中化計画」に従って地方自治体が無電柱化を推進する動きもありますが、特に都心部ではガス管、水道管やケーブルなどの埋蔵物が多いことから工事に手間がかかり、地中化が遅れているとされています。

しかし、今ある風景がいつ変わるかはわかりません。

地中化にともない、利便性が向上されるのは喜ばしいことではありますが、これまでインフラを支え続けてきた電柱に敬意を払い、一度電柱と電線が並ぶ風景を見つめなおしてみるのはいかがでしょうか。

都心の空に五線譜をかけたように広がる電線

 

世界電柱・電線歩き

では、国外の電柱・電線事情を少しのぞいてみましょう。

タイ プーケット

タイ、プーケットの海沿いにある街です。

写真右側と左側の2か所に、電線が密になっている部分があるのがわかるでしょうか。

なかなか日本では見られない光景です。

さらに、こんな光景も。

ツタが電線に絡んでしまっています。

電線が低い位置にかかっているのも特色と言えるでしょう。

===

ロンドンの風景は、対照的に電柱がひとつもありません。

イギリス ロンドン

ロンドンは2004年の時点で100%無電柱化が進んでおり、街に電柱が存在しないのです。

===

そしてこちらはアメリカ

ニューヨーク州 オスウェゴ

 

アメリカでも特に都市部で地中化の動きはすすみ、ニューヨーク市で83%、ワシントンDCで65%まで無電柱化が進行しています。

この風景からも近いうちに、電柱・電線がなくなることでしょう。

そう思うと、少し寂しさを感じないでしょうか。

激レア!木製電柱を探してみよう

電柱と言えばコンクリート製のグレーの電柱を想像する人がほとんどではないでしょうか。

しかし、従来は電柱と言えば木でできたものでした。

木製電柱は、現在は製造が廃止され時代とともに姿を消していっていますが、令和のこの時代にも、まれに生き残りの木製電柱を見つけることができます。

神奈川県川崎市 溝の口駅の飲み屋街に現存する木製電柱

こちらが木製電柱。人や商業施設で賑わう神奈川県川崎市の駅付近にひっそりと現存していました。

近づいてみてみると、「昭三九・六」のプレートが。

昭和・平成・そして令和と56年ものあいだ、街に明かりを灯しつづけています。

こちらの電柱は都市部にありましたが、木製電柱を探す際は農道や田舎道のほうが比較的出会える可能性が高いでしょう。

愛媛県松山市 鹿島という小さな島を照らす木製電柱

 

心にも明かりを灯す電柱のある風景

普段歩いていても、電柱を気に留めることは少ないでしょう。

しかし、ふと空を見上げ、電柱のある風景の美しさに気づくことができると、心にもぽっと明かりが灯ります。

太陽の降り注ぐ朝や夕暮れの帰り道、シャッターチャンスが待っているかもしれません。

ぜひこの機会に、電柱に目を向けてみてください。

◆ 電工魂の インスタグラムでも電気設備画像を発信中!ぜひご覧ください!

(写真撮影:電工魂 編集部)

いいね! 3 いいね!(役に立った、いいなと思ったら押していただくと励みになります!)
読み込み中...

特集カテゴリの最新記事