建設業者の日焼け対策~リスクと対策グッズ紹介~

建設業者の日焼け対策~リスクと対策グッズ紹介~

建設業者の日焼け対策

建設業者のみなさん、日焼け対策はしているでしょうか?

日焼け対策の代表例は日焼け止めを塗ることですが、「日焼け止めなんて自分が使うようなものじゃない」と考える方もいるかと思います。しかし、日焼け(紫外線に当たること)には肌が黒くなるだけではない、健康上のリスクが潜んでいるのです。

建設業者の日やけ対策実施率日焼けのリスク解説のほか、日焼け止めの選び方など初心者向け日焼け対策を解説します。

建設業者の日焼け対策実施率は2割

電工魂では、建設業で働く方がどのくらい日焼け対策を行っているか、インスタグラムのアンケート機能を用いて調査を行いました。以下は現場で働く男性41名に日焼け対策として日焼け止めを使っているかアンケートを実施した結果です

結果は日焼け止めを「使う」が22%(9票)、「使わない」が78%(32票) でした。今回のアンケート結果では、現場で働く方は日焼け止めを「使わない」が多数派ということになります。

若手建設業者は日焼け対策をする傾向

建設業の日焼け対策の実施率について年齢別に調査をすると新たに見えてくるものがあります。

こちらは、先ほどのアンケートを年齢別に分類したものです。日焼け止めを「使う」と答えた22%(9票)の内訳をみると、35歳未満の得票が8票とほとんどを占め、「使う」と答えた35歳以上の方は1票のみでした。

現場で働く男性のうち日焼け止めを「使う」方は35歳未満の若手に集中していることがわかります。

年齢別日焼け対策は35歳未満で3割弱、35歳以上は1割以下

年齢別に日焼け止めを使う/使わないを比較したグラフです。35歳未満に限定して日焼け止めの使用割合を出すと、全体の27%が日焼け止めを使用しているという結果になります。反対に、35歳以上に限定すると日焼け止めを使うのはわずか9%という結果になります。

日焼けのデメリットってあるの?

出典:環境省 紫外線環境保健マニュアル2008

日焼けすること(紫外線を浴びること)のデメリットは肌が黒くなるだけではありません。環境省がまとめた、日焼け(紫外線を浴びること)のリスクが上の図です。

日焼けの代表的な症状は皮膚が黒くなったり、剥がれ落ちることですが、慢性的に紫外線を浴び続けることによってシワやシミ、ホクロや皮膚がんなどの皮膚トラブルが起こります。

「外見の変化は気にしない」という方もいるかもしれませんが、目が見えにくくなる白内障や乱視の原因ともなる翼状片にも紫外線が関係していると考えられています。他にも紫外線は、髪や頭皮を傷めたり、免疫力を低下させる*ので感染症にかかりやすくなるというデメリットもあります。そのため日焼け対策は年齢問わず健康的に過ごしたい人は実施すべきであると言えます。

*参考:近畿大学メディカルサポートセンター

建設業者の日焼け(紫外線)対策アイディア

ここからは実用的な建設業の日焼け(紫外線)対策方法について解説していきます。

日焼け止めを塗る

日々実践できる日焼け対策としてはやはり日焼け止めが代表例です。日焼け止め初心者の建設業者向けに選び方のポイントを解説します。

日焼け止めの効果(SPF・PA)に注目する

建設業者が日焼け止めを選ぶ基本として知っておいていただきたいのが「SPF」と「PA」の2つの指標です。それぞれの効果を簡潔にまとめました。

何を防ぐ?メリットは?効果の大きさ
SPFUVB(紫外線B波)短期的な赤みや炎症・肌が黒くなる紫外線B波を防ぐ1~50
PAUVA(紫外線A波)長時間かけてシミやしわの発生に関わってくる紫外線A波を防ぐ+マーク1~4個

日焼け止めのパッケージに書かれている「SPF」「PA」にはそれぞれ別の効果があります。短期的な炎症を緩和したい方であれば「SPF」、長期的な皮膚へのダメージを防止したい方ならPAの+の個数を気にして選ぶ必要があります。SPFは50が最高値、PAは++++が最高値で、数値が高いほど強い日焼け止めということになります。

日焼け止めの塗りなおしやすさならスプレータイプ

日焼け止めは一日効果が持続するものではありません。メーカーにもよりますが、2時間おきくらいに塗りなおすのがいいとされています*。とはいえ忙しい日中に何度も塗りなおしの時間は取れないため、できる範囲で塗りなおしを行うことで効果を持続させることができます。

少しでも塗りなおしを簡単にするためには、スプレータイプの日焼け止めを携帯しておくことがおすすめです。

スマートフォンの方用リンクはこちら

例えば朝の支度の際はクリームの日焼け止めを塗っておいて、昼の休憩時には汗を拭くついでにスプレータイプの日焼け止めをササっと塗りなおす…といった対策方法であれば建設業者の日焼け対策として現実的にイメージできるのではないでしょうか。

*参考:資生堂アネッサ公式サイト

日焼け止めの塗り心地なら「軽さ」「さらさら」「香料」に注目

日焼け止めが苦手な人に理由を聞くと「ベタベタ感が気になる」「においが苦手」など塗り心地が悪いという声が上がることがよくあります効果だけを見て選ぶと使い心地が悪く続かないということが起こりやすいので、「これなら毎日塗れる」という使い心地のものを選ぶことが大切です。

スマートフォンの方用リンクはこちら

日焼け止めのベタベタ感が気になる方はパッケージに「塗り心地が軽い」と書いてあるものや「さらさら」という表記があるものを選ぶと自分に合った日焼け止めに出会いやすいかもしれません。

また、においが気になる方はパッケージ裏面をチェックして「無香料」と書いてあるものを選びましょう。しかし無香料でも日焼け止め特有のにおいはすることが多いため、香料ありのものを選んで日焼け止め特有のにおいを感じにくくするという選択肢もあります。

「石鹸で落ちる」など日焼け止めの落とし方にも注目する

日焼け止めは洗顔で落ちにくいタイプのものもあり、人によってはクレンジングオイルを使用して落とすこともあります。製品によって、どのように落としたらいいかをパッケージ裏やHPで解説しているので、毎日実践できそうな落とし方ができる日焼け止めを選びましょう。普段石鹸で洗顔をされている方であれば、「石鹸で落とせる」と記載された日焼け止めを選ぶと日常生活の負担にならず、結果日焼け止めの使用を継続しやすくなります。

日焼け止めの肌負担が気になるなら低刺激タイプ

肌の荒れやすい方は、肌に優しい日焼け止めを選びましょう。

スマートフォンの方用リンクはこちら

乾燥を防ぐ「アルコールフリー」のものや「敏感肌の方の協力によるパッチテスト済み」など肌の弱い方向けの低刺激な日焼け止めもあります。日焼け止め自体が肌トラブルの原因になっては本末転倒なので、肌が敏感な方は注意して選びましょう。決まって使っているシャンプーやボディソープがあれば、同じブランドが日焼け止めを出していることもあるので、ブランドで選んでみるのも選択肢の一つです。

その他の建設業者向け日焼け(紫外線)対策

日焼け止め以外の建設業者向け日焼け対策をまとめました。移動中や日常生活でできることを実践しましょう。

車の直射日光防止

現場での休憩中やお昼時を車の中で過ごすという方は、車の窓ガラスから入る直射日光をカットすることで日焼け対策になります。タオルなどあるもので覆うこともできますが、専用のサンシェードやカーテンを付けてみるのもいいでしょう。

スマートフォンの方用リンクはこちら

スマートフォンの方用リンクはこちら

運転用サングラスの着用

現場や事務所の行き来で車の運転時間が長い方は、運転用サングラスを導入してみるのもおすすめです。一般的に「運転用サングラス」として売られているものは「偏光レンズ」という反射光や紫外線などをカットする機能のあるもので、JISで規格が定められています。ファッション用のサングラスとは規格が異なるものなので、必ず規格を満たした運転用のものを選んで身に着けるようにしましょう。

長袖・帽子の活用

直射日光に当たる面積を減らすことはシンプルで効果的な日焼け対策です。通気性がよく薄手の長袖パーカーやカーディガンを携帯しておくと日焼け対策に便利です。また、頭頂部は直射日光が当たりやすい部位にも関わらず、日焼け止めが塗りにくい部位でもあるため、帽子をかぶることもおすすめです。

健康のため、建設業者も日焼け対策を

日焼け(紫外線に当たること)は肌の色が黒くなるだけでなく、皮膚や目へのダメージや、感染症になりやすくなるなど様々なデメリットがあります。日頃行っている健康対策と同じように日焼けについてもコツコツと予防の習慣をつけていくことが大切です。日差しに当たりやすい建設業のお仕事。ぜひ、自分に合った日焼け対策グッズを見つけてみてください。

参考資料

環境省:紫外線環境保健マニュアル2008

◆ 関連記事をチェック!

いいね! (役に立った、いいなと思ったら押していただくと励みになります!)
読み込み中...

特集カテゴリの最新記事